近所の野良猫さんの観察 猫視点の人生論です。

私の近所には野良猫がいる。
大きく丸々と太った黒猫だ。
その猫は地域の人から可愛がられてるわけでもなく、近づくとめんどくさそうにそこからいなくなる。
そんな猫だがある意味良い生き方なのかもしれない、なにか自分にめんどくさいことが起こりそうになったら身軽に逃げて、餌を見つければそれを我が物顔で口に咥えてほかの猫には1口もあげようとはしない。
もしも人間がそのようなことをすれば卑怯者だとかへっぴり腰で自己中心的などという言葉が確実に飛んでくると思う。
しかし、人間も猫もそれぞれの社会をサバイバルしているのです。
1つでも隙をみせれば、襲われる(就職難、人間関係のトラブル)のです。
そんな危険な社会を生き延びるためには、他人のことを考えることなくまず自分を中心に生きてみることは大切なことではないのでしょうか?
もちろん、自分中心に横暴に生きろというわけではありません。
毎日、自分の心の状態をチェックして健やかに生きることが大切だと思います。
というわけで、今日も1日頑張ります。痩せる酵素